株式会社金融経済新聞社│キンケイ│金融経済新聞発行│フィンテック│金融専門紙│東京都

qrcode.png
http://www.kinkei-press.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社 金融経済新聞社
(キンケイ)
〒104-0045
東京都中央区築地7-12-14
TEL.03-6264-0881

─────────────────
・「金融経済新聞」(週刊)の発行
・小冊子の発行
─────────────────
231514
 
 

6月

6月
 
【183】2017年6月19日付 フィンテック最新事情(55)
BBVAは〝オープンバンク〞APIの公開が始まった
デジタルバンカー・オブ・ザ・イヤー 2017
 
 アメリカン・バンカー(AB)紙の選ぶ「今年のデジタルバンカー」にバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)のミシェル・ムーア女史(デジタルバンキング及びコンシューマー・アドバンスト・ソリューション統括責任者)が選ばれた。AB紙の記事(5月31日付)は、彼女の行内での14年間のキャリアがテクノロジー部門でなかったのを強調した紹介になっている。
 2年半前にコールセンターの責任者であった彼女が現職に抜擢された時の驚きを次のように述べる。「銀行のデジタル化を推進してくれだって?デジタルバンキングなんて知らない。息子と一緒に任天堂のW i iしか使ったことがなく、やっと古い折り畳み式の携帯電話をスマホに変えたばかりなのに!」。
 しかし彼女には、テクノロジー嫌いの傾向はあったにせよ、新しいビジネスへの意欲と、顧客からの反応を知りたいとの強い執着心があったようだ。
・・・続きは紙面に掲載
 
【182】2017年6月12日付 フィンテック最新事情(54)
BBVAは〝オープンバンク〞APIの公開が始まった
〝オープンバンク〟の船出 BBVA
 
 「もし、銀行にとってAPIが必須となるまで待つ姿勢を続けているなら手遅れになる」(5月22日アメリカンバンカー紙)と米国銀行業界に警鐘が鳴った。「英国ではオープンバンクAPIを推進している。これに比べて米国銀行界は、まるで1世紀前の古い銀行のようだ」(同紙2015年11月25日付)の文脈が、今もそのまま引き継がれているのに驚かされる。
 この背景にペイメントの革新を目指し16年に施行され、欧州での水平分業を可能にする「決済サービス指令PSD2」が、欧州地域31カ国で18年1月13日までに法制化する義務のかかる期日が迫ってきたことにある。まずこれを簡単に説明する。
 水平分業で革新的なサービスを可能にするために、銀行が保有する顧客口座情報を、顧客の事前承認に基づき第三者でもアクセスを可能にするように、各銀行にはデータ・シェアリング・ツールとしてAPIの実装を銀行に求めた。将来的には米国にもPSD2類似の導入が想定されているが、まだ制度化されておらずこのような警鐘となった。
・・・続きは紙面に掲載
 
【181】2017年6月5日付 フィンテック最新事情(53)
スタートアップ50社が選ばれ、企業評価額は投資額の5倍に達した
「創造的破壊者」50社の盛衰 CNBC
 
 フィンテックを語る際、他の業種から社会的インパクトを与えたAirbnbやUberのような「創造的破壊者」(ディスラプター)の出現に期待感が大きいのは事実だ。「金融のウーバーナイズ」といわれ現状はどうか。「2 0 1 7  C N B C  D i s r u p t o r
5 0 Companies」(5月16日発表)の中に、フィンテック5社が入ったとFinovateが報じた。まず「創造的破壊者」が意味するものとは何か、その語源を改めて探ってみる。
 ジョセフ・シュンペーター(経済学者、1883~1950年)は景気循環論(1939年) の中で、「資本主義発展の担い手として企業が導入するイノベーションこそ経済発展の原動力であり、それを可能にするのが銀行による信用創造である。利潤獲得のため『古いものを破壊し新しいものを創造していく』不断の資本主義の活動を『創造的破壊』と呼び、これが景気循環を生み出す源泉でだと指摘」。
・・・続きは紙面に掲載
<<株式会社金融経済新聞社 (キンケイ)>> 〒104-0045 東京都中央区築地7-12-14 TEL:03-6264-0881