本文へ移動

4月

【341】 2021年4月5日付 フィンテック最新事情(199)

ここ数年でフィンテックの立ち位置は大きく変化した
フィンテックはもはやスタートアップではない

当コラムのサブタイトルが「モバイルバンキング最新事情」から「フィンテック最新事情」に変わったのが既に5年前の2016年1月11日号。記念すべき1回目のテーマは“銀行が破壊される衝撃度”だった。今では、このフィンテック最新事情も回を重ねて今号で199回目となる。フィンテックの歴史を通じて最初に学んだのが、最新の技術を身に着けた若者たちのイノベーティブ(皆を幸せにする)な発想で新たな金融サービスを立ち上げるスタートアップ、そのビジネス・アイディアをいち早く発掘しスタートアップに投資、将来のリターンに期待するベンチャーキャピタルだ。
 この世界で育ち成長するフィンテックの姿は“破壊”から“協調”へと変化し、今では“共存”へとフィンテックの存在感を高めている。アメリカンバンカー紙(21年3月17日付)は“フィンテックの変化と兆候:2つの新しいフィンテック業界団体”の見出しで、“フィンテックはもはや初期のスタートアップではない。フィンテックは主流の金融サービスを提供している。”と評価した。2つの業界団体については、テクノロジー中心の金融サービス業界のリーダーで形成され3月10日に発足したFinancial Technology Association(金融テクノロジー協会:FTA)と、同月3日にMarketplace Lending AssociationとOnline Lending Policy Instituteが統合して発足したAmerican Fintech Council(米国フィンテック評議会:AFC)を紹介している。……続きは本紙で。

【342】 2021年4月12日付 フィンテック最新事情(200)

英国の動向をまとめた注目の一冊
英国フィンテックの新時代 
 
 
【本文】
英政府から「英国がフィンテックとイノベーションのグローバルセンターとしての地位を維持する」計画案策定を指示されたWorldPayの元会長であり大英勲章第4位(OBE)を授章したRon Kalifa氏によって、待望の英国フィンテック・レビュー(Kalifaレビュー)が2月26日に発表された。金融サービス業界全体から圧倒的な肯定的反応を受けたとして、英バンカー誌は“英国フィンテックの新時代”の見出しで3月2日に報じた。
 当レビューによると、英国フィンテックの現状は世界市場シェアの10%を占め、収益は110億ポンドを生み出し、昨年の英国のフィンテックへの投資額は41億ドルとヨーロッパで英国に次ぐ5カ国の合計より大きな規模になっている。また、英国の金融サービス会社による総技術支出は2019年には950億ポンドに達している。……続きは本紙で。

【343】 2021年4月19日付 フィンテック最新事情(201)

北米大手行もフィンテックへの投資に熱が入る
北米大手4行のフィンテック投資傾向 2018~20年
 

 1万5000社以上のフィンテック・スタートアップをカバーし20万人規模のフィンテックコミュニティをサポートするMediciが、2018年から20年の3年間で欧米大手行がフィンテクに投資したデータを詳細に分析した。20年時点のフィンテック投資規模の上位行、アメリカ市場からシティ、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、ウェルズファーゴの4行、それに欧州市場からはバークレイ(英)、サンタンダー(スペイン)、BBVA(スペイン)、ABN Amro(蘭)、ING Bank(蘭)の5行をそれぞれ選び、その投資傾向分析を3月22日、29日の2回に分けて報道したのでその概要を紹介する。     
 今回は22日発表分のアメリカ編を採り上げる。
 間違いなく、世界最大のフィンテック・エコシステムを構築する南北アメリカ市場はCOVID-19の悪影響を受けているが、この地域はフィンテック投資が最も多い地域の中で1位を確保している。この地域への投資は、18年に181.8億ドル、翌年252.6億ドル、20年には260.8億ドルと順調に規模を拡大している。その中で、前述の4行が積極的にフィンテックへの投資を拡大している。その概要を紹介する。……続きは本紙で。


【344】 2021年4月26日付 フィンテック最新事情(202)

欧州でおフィンテックへの投資は盛ん
欧州大手5行のフィンテック投資傾向 2018~2020年
 
 
 前号343号に引き続き、Mediciが発表した2018年から20年の過去3年間の、英国のバークレイズ銀行、スペインのサンタンデール銀行とBBVA銀行の2行、オランダのABN アムロ銀行とING Bankの2行の投資傾向分析の概要を紹介する。 
 欧州のフィンテック・スタートアップはロンドンに巨大な聖地を持ち投資規模が、18年に430件総額52.5億ドル、19年には647件100.7億ドル、20年はパンデミック下であっても774件の99.5億ドルを記録している。……続きは本紙で。

株式会社 金融経済新聞社
(キンケイ)
〒104-0045
東京都中央区築地7-12-14
TEL.03-6264-0881

・「金融経済新聞」(週刊)の発行
・小冊子の発行

 
3
4
2
8
6
0
TOPへ戻る