本文へ移動

インターネット・ビジネスサービス

古寺 真浄 会長

2018年4月16日付(第2975号)

中小企業のコンシェルジュ
 勤怠管理、会計業務、給与計算ソフト
 
 インターネット・ビジネスサービス(東京・中央)は勤怠管理、会計業務、給与計算の3業務を統合したハイブリッド型クラウドサービスを提供する。自社商品販売にこだわらず「相手先の既存システムを生かす」ことができるのが強み。助成金のコンサルティングも含め、古寺真浄会長は「ユーザーのコンシェルジュ的存在」と話す。
 
—もともとは会計ソフト「勘定奉行」のOBCの子会社。
 
 勘定奉行のクラウドサービスを当社が手がけていたが2006年に親会社もクラウドに乗り出し、子会社を売却した経緯。フロント、ミドル、バックのシステムを一気通貫で支援できる技術力をもつ。勤怠管理と給与のシステムは親和性が高い。中小企業では「採用難」の声が多いが、生産性と社員のモチベーションをあげて定着率向上を目指すのも重要だと思う。
・・・続きは紙面に掲載
株式会社 金融経済新聞社
(キンケイ)
〒104-0045
東京都中央区築地7-12-14
TEL.03-6264-0881

・「金融経済新聞」(週刊)の発行
・小冊子の発行

 
2
6
7
5
6
0
TOPへ戻る