本文へ移動

2020年4月27日

2020年4月27日 第3064号

1面

新型コロナ 影響踏まえ 声明を公表 連絡協議会
 総会の2段階実施や延期を容認 
 柔軟な対応で起業と株主守る
 
 金融庁を中心とした新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた企業決算・監査などへの対応に係る連絡協議会は15日に、第3回会合を開催した。14日に麻生太郎・金融担当相が3月決算企業の有価証券報告書(有報)の提出期限を9月末までにしたことを踏まえて話し合いが行われ、今後の決算、監査そして株主総会の対応についてまとめ、声明を出した。

2面(総合)

顔の一部が隠れていても特徴を捉える(イメージ)
マスク着用でも本人認証 グローリー
 ウォークスルー型9年ぶりに刷新
  6月から、精度10倍以上
 
 新型コロナウイルス感染症防止でマスク着用率が高まる中、グローリーがマスクを外さずに高い精度で認証できる新たな顔認証エンジンを開発した。9年ぶりに刷新するウォークスルー型システムに搭載、6月から販売を始める。既存市場だけでなく空港や駅、官庁施設といった大規模公共施設にも提案していく。

3面(総合)

コロナ危機は「これまでと性質が異なる」と指摘する小川悦雄理事長
〈愛知県信用保証協会 小川 悦雄 理事長に聞く〉
 有事こそ真価発揮の時 金融機関と連携深化
  「安心感の取り戻し」に徹す
 
 【名古屋】愛知県信用保証協会は設立から70年余りの歴史の中で各事業年度の保証債務残高を棒グラフで表すと3つの山が出現する。相次いだ国内金融機関の経営破たん、リーマン・ショック、そして東日本大震災を受け手当てされた緊急制度への対応に徹したためだ。現在の新型コロナ危機では、どんな形を作り出すのか。愛知県副知事などを経て2015年から現職にある小川悦雄理事長は「過去の教訓が生きている」と指摘する。その背景や意図を聞いた。

4面(大手行・証券・保険)

「100年パスポート」新機能追加 三井住友信託
 保全、管理機能を向上 10ヵ月で3000件
 
 三井住友信託銀行の人生100年時代を応援する信託商品に27日から新機能が加わる。認知症リスクが高まる中で発症後も年金を守り、第2順位の代理人も年金の払い出しを可能にして保全、管理機能を向上。あわせて最低申し込み金額なども見直して利用を促している。

5面(ノンバンク・ICT)

金融機関向けに 共同ウォレットサービス インフキュリオンG
 NTTデータ出資
 
 インフキュリオン・グループ(東京・千代田)は15日にNTTデータと資本業務提携に合意。金融機関向けに共同で銀行ウォレットサービスを提供する。今回、NTTデータとの資本業務提携で株主は出資順で
NTTドコモ、ジェーシービー、SBIインベストメント、りそな銀行、埼玉りそな銀行、三菱UFJキャピタル、三井住友ベンチャーキャピタル、みずほ銀行、みずほキャピタル、イオンフィナンシャルサービス、セブン銀行、NTTデータとなった。

6面(地域金融)

テラーからの要望を入れて、千葉興銀の千葉支店では7日の緊急事態宣言の翌週にビニールシートを設置した(手前のローカウンターには、設置したばかりのアクリル製の飛沫防止スクリーン、20日)
感染拡大防止を最優先 地域銀
 肥後銀 子会社が副業情報  千葉興銀 店頭に飛沫防止措置
 
 緊急事態宣言の対象が全国に拡大して1週間あまり。地域銀では人と接触する機会を減らし、顧客、行員の健康・安全を最優先に業務を行っている。オンラインによる公的支援の説明会の開催のほか、副業のあっせんなど取り組みはさまざまだ。営業自粛対象外とされたことで、通常はあまりみられない内容で来店する客が増えており、新たな窓口の感染対策もとる銀行も出ている。

7面(信金・新組)

信用金庫の事業承継 活発化へ 信金中金
 プラットフォーム専用サイト開設 重層的な仕かけが特色
 
 信金中央金庫(信金中金)が4月から始めた信用金庫の事業承継支援の特徴は、子会社や提携企業との連携を通じて、重層的なサポート体制を用意しているところと言えそうだ。ノウハウのほかマンパワーなどリソースの不足から、取引先のニーズに十分に対応できるだけの体制を整えているのは一部の大手に限られる。敷居が高いM&Aを身近に感じられる環境を整え、信用金庫の事業基盤の維持強化を後押しする。

8面(文化)

【Runner】 愛知県信用保証協会 
 過去の教訓を危機時に生かす 承諾3倍でも審査短縮
  副知事の経験、コロナ対策に反映
 
 【名古屋】愛知県信用保証協会が今月中旬に公表した2019年度の保証承諾実績は、特に新型コロナウイルス対策として愛知県が同年度末の3月9日から実施した独自の融資制度の利用急増が大きく反映した。3月単月での比較では332.3%に達した。本紙の緊急インタビューに応じた小川悦雄理事長は「承諾額が3倍を超えたにもかかわらず、審査に要した日数は年度平均を下回った。過去の危機対応時の教訓が組織として継承されていることが生きた」と語った。
株式会社 金融経済新聞社
(キンケイ)
〒104-0045
東京都中央区築地7-12-14
TEL.03-6264-0881

・「金融経済新聞」(週刊)の発行
・小冊子の発行

 
3
0
5
0
1
9
TOPへ戻る