本文へ移動

ピュア・ストレージ・ジャパン

社長 田中 良行 氏

2018年3月12日付(第2970号)

左側が田中良幸社長
新たな発想とサービスで 「理想の情報の持ち方」を実現
 
 ストレージは言わばデータの格納箱だが、金融機関はビックデータの活用を模索する中で「データをどう貯め込むか」が問われている。ピュア・ストレージ・ジャパン(東京・渋谷)の田中良幸社長は「データはもっとシンプルに持てる。そのための新たな発想とサービスを提供する」と話す。
 
—金融機関が保有するデータは増え続ける一方だ。
 
 以前、データはハードウエア側で保管していたが、その後のソフトウエア時代を経て、クラウドが登場してきた。当社は時代を経ても、データを活用できる。技術向上で、ハードもソフトも次々と最先端のものが登場しているが、どんな機器、技術で取り込んだデータでも常に更新できる。
 金融機関のシステムは何年かに一度、刷新される。そのたびに時間、人材を投入してデータを移行しているのが現状だが、当社のデータプラットフォームの総合的サービスは、永年保守により、貯めたデータを移行不要で最新のストレージに変えられる。 
・・・続きは紙面に掲載
株式会社 金融経済新聞社
(キンケイ)
〒104-0045
東京都中央区築地7-12-14
TEL.03-6264-0881

・「金融経済新聞」(週刊)の発行
・小冊子の発行

 
2
6
7
5
5
8
TOPへ戻る