本文へ移動

フィノバレー

川田 修平 社長

「お金の地産地消」今こそ必要
 電子地域通貨 ポイントは中小小売店口座
 
 プッシュ型通知のO2O販売促進ソリューションが主力のアイリッジのフィンテック事業子会社で、電子地域通貨プラットフォームを提供するフィノバレー(東京・港)。キャッシュレスブームのなかで、QRコード決済など競合する支払い手段が増える中、川田修平社長は「中小規模の地域金融にこそ導入してもらいたい仕組み」と話す。

―地域金融が電子地域通貨を運営する事業が増えている。
 
 2017年の飛騨信用組合の「さるぼぼコイン」に始まり、昨年10月には君津信用組合の「アクアコイン」もすでに実用化されている。口座と紐づけされているかといったスキームのほか、運営す
る金融機関の取り組み方針などの違いもあり一概には言えないが、足元の利用状況はまずまずと言えるだろう。
・・・続きは紙面に掲載
株式会社 金融経済新聞社
(キンケイ)
〒104-0045
東京都中央区築地7-12-14
TEL.03-6264-0881

・「金融経済新聞」(週刊)の発行
・小冊子の発行

 
2
9
1
0
3
8
TOPへ戻る