本文へ移動

2024年3月4日

2024年3月4日 第3229号

1面

ガッチリとタッグを組む
 社会課題解決へ連携拡大 JR東日本・日本郵政 
   郵便局と駅の一体運営 荷物受け取りサービスも 
  
 東日本旅客鉄道(JR東日本)と日本郵政は2月21日、社会課題の解決に向けた連携強化を目的に協定を締結した。物流の「2024年問題」などへの対応が急務とされる中で、駅に多機能ロッカーを設置し荷物を受け取れる体制を整備する。また、持続可能な社会に向けた駅と郵便局の一体運営なども強化していく。
 

2面

初のオープンラボ OKIの前野蔵人・技術本部長 
 「タフネス」訴求 共創パートナーなど招待
  
OKIは2月24日、技術開発拠点のOKI蕨システムセンター(埼玉県蕨市)で初の試みであるオープンラボを開いた。メディア関係者、共創パートナーやサプライヤーを招き通信、金融、交通といった社会インフラを支える技術や開発中のシーズを公開。各技術担当者が総出で中枢、中核の強みを指すコアコンピタンス「タフネス」を訴求した。森孝廣社長は「技術と技術の種が経営の源泉」と将来性を強調した。
 

3面

 シニア「複業人材」有効活用 三島信金

  
 

4面

史上最高値を更新 日経平均株価
 奥田社長「大きな節目」 バブル期との違いも強調
 
 東京株式市場の日経平均株価は2月22日、1989年12月に記録した終値の史上最高値3万8915円87銭を上回った。同月26日には3万9233円を付けるなど連日の最高値更新となった。約34年前のバブル期と比較され不安視する声も少なくない。一方で証券トップたちの反応は異なり、前向きな意見が多く聞かれた。日経平均株価は今後どのように推移していくのだろうか。

5面


  店舗完全無人化 ユーボと グローリー
  券売機とピックアップロッカーで

 グローリーは、店舗の完全無人化を実現する無人店舗ソリューションの提供を発表した。2月20日付。ユーボ(東京・千代田)とともに千葉県を中心に新鮮なたまごを生産・販売する向台ポートリー(千葉県柏市)の直営店「むこたま」の2店舗に納入した。
 

6面

10年後ROE8%超へ 山陰合同銀

7面


大手前大とロビービデオ 尼崎信金

8面(文化)

【Runner】 兵庫県内11信金
  2年ぶり「川上・川下商談会」
 
 


株式会社 金融経済新聞社
(キンケイ)
〒104-0045
東京都中央区築地7-12-14
TEL.03-6264-0881

・「金融経済新聞」(週刊)の発行
・小冊子の発行

 
4
2
8
7
4
6
TOPへ戻る