本文へ移動

2022年7月11日

2022年7月11日 第3159号

1面

半沢新会長
 新会長に三菱UFJ銀の半沢頭取 全銀協
  価値創造や成長への挑戦支える 銀証FW規制見直し「心から歓迎」 
 
 
 全国銀行協会(全銀協)は1日に理事会を開き、新会長に三菱UFJ銀行の半沢淳一頭取を選任したと発表。あわせて就任会見を開いた。半沢会長は今年度について「サステナブルな環境・社会構築に向け、新たな価値創造・成長への挑戦を支えていく1年」と位置づけ活動していく。教会長として「銀行界の先頭に立って取り組んでいきたい」と力を込めた。

2面

気候変動、自然災害対応柱に 損保協会・白川儀一会長

 DX加速 若年層のリテラシー向上着実に 


  日本損害保険協会の新会長に6月30日付で白川儀一会長(損保ジャパン社長)が就任した。1年間の任期の中で柱に掲げるのは喫緊の課題の気候変動や自然災害対応、DXでの利便性向上だ。


  


3面

 SDGsで地域盛り上げ 信用金庫
  おかやま ため池の水質浄化実験 東京東は観光宣伝車 


4面

ファンドで地方起業家支援 三井住友トラストHD
 最大40億円、育成事業を並行 持続可能な地域社会へ
 
 三井住友トラスト・ホールディングス(HD)は4日、信金中央金庫とNESなどとともに地域発のベンチャー起業家の育成や創出を目的としたプロジェクトで連携すると発表した。総額40億円規模のファンド組成だけでなく、人材育成支援を目的としたプログラムを提供。スタートアップの元経営者らの力を借りながらノウハウを伝授し全国のいずれの場所にいても東京と同様の事業成長や機会が得られる世界を作っていく。
 
 

5面

動物病院ビジネス手厚く クレディセゾン
 「VETsサポートクラブ」 診療から支払いまで 企業の財産に
 
 
  クレディセゾンが今月から、動物病院のビジネス環境改善を支援するサービスを手厚くした。中期経営計画に掲げている「総合生活サービスグループ」転換への取り組みのひとつと位置付ける。従来の金融サービスの枠を超えて病院経営を支え、飼い主の困り事も解決していく考えだ。

6面

 「リスク委員会」設置 山口FG
   市場部門に詳しい有識者ら4人 取締役会の諮問機関
 
 
 山口フィナンシャルグループ(FG)は1日付で取締役会の諮問機関として、外部有識者ら4人で構成する「リスク委員会」を設置した。山口FGは前期、有価証券運用における安定的な収益構造への転換を進めるために、含み損を抱える外国債券や株式投資信託を中心に残高を大幅に圧縮。その他有価証券の評価損益が1年前と比べ173億円減に陥った。そのためリスク委では市場部門のリスク管理に関する事項を審議し、客観的な意見を取締役会に提言する役割を務める。

7面

C・ノーベル賞取り込む 京都信金
 独自アイデアで課題解決

 

 
 
「日本一コミュニケーションがゆたかな会社を目指す」「おせっかいバンカー」を標榜する京都信用金庫(京都市)がちょっと変わった取り組みを行っている。職員自らのアイデアや工夫で社内外の課題解決につなげる。解決できた顧客が涙を流す感動的なドラマも生まれる。その価値を職員全員で共有しようという試みで「C・ノーベル賞」と名付ける。


8面(文化)

【Runner】 足立成和信金
 M&A事業を強化 会合で事業再生が特別表彰
  従業員の雇用を確保


 
 
株式会社 金融経済新聞社
(キンケイ)
〒104-0045
東京都中央区築地7-12-14
TEL.03-6264-0881

・「金融経済新聞」(週刊)の発行
・小冊子の発行

 
4
2
6
5
3
3
TOPへ戻る