ナビット

代表取締役 福井 泰代 氏

2016年10月24日付 第2909号

不動産登記情報、コンビニで 「空き家」の現地調査も
 
 普段インターネットで何気なく検索する際、その結果に表示される情報の数多のデータはナビットが「黒子」だ。最近、不動産関連情報など金融機関に役立つデータベース情報の提供を開始した。福井泰代・代表取締役は「社会的課題の空き家も、現地で確実に調査ができる」と語る
 
―インターネットの検索結果に表示される多種多様なデータベースを持っている。

 当社は「コンテンツ屋」。エンタメ情報から統計データまである。銀行ロビーのデジタルサイネージやATMの表示情報は金融機関関連のベンダーを通じて提供される。
 
―駅に掲示される「乗り換え便利マップ」を作成したのが起業の契機となった。

 専業主婦の時期、ベビーカーでの移動にエレベーターがどこにあり、どの車両に乗れば円滑に乗り換えができるのか、便利な出口は、など困った経験を生かして思いついた。趣味の発明で「自社では手が届かない課題解決」を手助けする。駅では東京五輪に向けた多言語化を支援している。
・・・続きは紙面に掲載
株式会社 金融経済新聞社
(キンケイ)
〒104-0045
東京都中央区築地7-12-14
TEL.03-6264-0881

・「金融経済新聞」(週刊)の発行
・小冊子の発行

 
2
4
0
3
1
6