2016年11月21日

2016年11月21日付(第2912号)7面

【近畿地区信金特集】
 地域経済の担い手育てる 信金の起業 創業支援
 
 総務省によると国内の中小企業・小規模事業者数は380.99万者(2014年7月現在、平成26年経済センサス―基礎調査)に上っている。減少幅は鈍っているといっても、この3年間で4.4万者が姿を消した計算だ。事業所には従業員や売り上げがついて回る。その減少は地方の衰退を意味する。国が旗振る地方創生を解決するにおいて起業や創業、第2創業は欠かせないテーマであり、ソーシャルビジネスは地域課題を解決する担い手としてなくてはならない存在になっている。そこで地域経済を支える信用金庫がどのような取り組みをしているか。近畿地区信用金庫の様子を探った。
 
 京都信金    目を引く独自規格・活動
 京都中央信金  第二創業スクールで応援
 大阪信金    ファンド2年で2億円突破
 枚方信金    「アシスト」軸に祝い金も
 日新信金    じわり広がる支援認知度
 神戸信金    独自ネットワークで橋渡し
   枚方信金の創業祝い金を受け取る創業者
兵庫県信用保証協会が開いた創業支援セミナーにブース出展する地元信金
株式会社 金融経済新聞社
(キンケイ)
〒104-0045
東京都中央区築地7-12-14
TEL.03-6264-0881

・「金融経済新聞」(週刊)の発行
・小冊子の発行

 
2
3
2
4
6
1