本文へ移動

アフラック 古出 眞敏 社長

2018年4月2日付 第2973号(2面)

「生きる」をトータルに支援 常に誠実に、備えへの気付きを
 
 念願の日本法人化を果たしたアフラック。言わずと知れたがん保険のリーディングカンパニーだが、これまでは米国生命保険会社の日本支店という位置付けだった。就任から1年が経つ古出眞敏社長は「日本進出44年、(法人化を)ずっと願っていた。皆、嬉しく思っている」と笑顔。持続的成長を念頭に商品提供だけでなく、「生きる」を総合的に支援する企業を目指す。
 
—日本法人として2日に新スタートした。
 
 名実ともに日本の保険会社となった。ミッションは「次の成長の実現」。持続的に成長できる組織、基盤をつくる。商品というピンポイントだけでなく付加価値のあるサービスを与えられるトータル企業を目指す。
 持続的な人材育成の一環でジョージア州の米国アフラックやニューヨークの資産運用部門などに一定クラスの社員を毎年送り、日米の相互理解を深める。従来から経営の意思決定は委ねられており、日本での独自性は確保されているが「日本市場にコミットする」という専属代理店や金融機関代理店への意思表明がより鮮明になり、安心感につながる。
・・・続きは紙面に掲載
株式会社 金融経済新聞社
(キンケイ)
〒104-0045
東京都中央区築地7-12-14
TEL.03-6264-0881

・「金融経済新聞」(週刊)の発行
・小冊子の発行

 
2
6
7
4
4
1
TOPへ戻る