三井住友銀行 髙島 誠 頭取

2017年4月3日付 第2928号

 事業拡大、世界〝トップ10〞入り 最も革新的なフロントランナーに
 
――統合から15年の節目にトップに就いた。

 日本を代表する金融機関だが、まだまだ課題もある。謙虚にやり、さらに良い銀行にしたい。劇的に変化させるのではなく基本的方針は変えない。5月半ばに公表する中期経営計画も前中計をベースにさらに発展させるネクスト・ステージとなる。国内事業を盤石にした上でグローバルでも新たなことに挑戦して、
「絶えず一歩先」を行くことで競争に勝ち抜く。

―自身のテーマにグローバライゼーションやデジタライゼーション、多様性などを掲げる。

 法人・個人ともに、グローバルな視点なしには、ビジネスは成り立たない。グローバルな視点でプラスアルファのコンサルティングや提案力が必要だ。加えてIoTやAIなど、今までなかったデジタル技術で顧客に利便性を提供する。最も革新的なフロントランナーでありたい。現在でも多くの外国人や女性が活躍しているが、一段と多様にして経営に参画してもらうことで、付加価値の高いサービス提供に繋げたい。
・・・続きは紙面に掲載
株式会社 金融経済新聞社
(キンケイ)
〒104-0045
東京都中央区築地7-12-14
TEL.03-6264-0881

・「金融経済新聞」(週刊)の発行
・小冊子の発行

 
2
3
3
8
8
2