2016年3月21日付 第2880号

〝女性活躍推進〞へ準備着々
 
 昨年8月末に「女性活躍推進法」が成立した。女性の活躍は成長戦略の柱と位置づけられ、1985年の男女雇用機会均等法以来の大改革となる。従業員301人以上の企業は数値目標を含む行動計画の策定や公表が求められるが、金融機関では「わずか半年の準備期間で女性行員をめぐる戦略を決めろというのは性急すぎる」、「前倒し就活への対応で手いっぱいだ」などと恨み節も聞こえてくる。ただ、女性の積極的な登用は学生への格好のアピールにもなる。東海地区信用金庫に様子を聞いた。
 
 豊田信金  パパママ応援セミナーで子育ても後押し
 豊川信金  まずは有給取得アップと残業削減
 高山信金  「女性だけのプロジェクト」発足
 三島信金  職域拡大 5年間で確実に前進
昨年10月のセミナーには多くの新米パパママが集まった(豊田信金)
高山信金の明日を担うプロジェクトチームの女性メンバーら(高山信金)
本部・営業推進部は指導役の女性2人を配属(豊川信金)
女性管理職、女性渉外ともに増加している(三島信金)
株式会社 金融経済新聞社
(キンケイ)
〒104-0045
東京都中央区築地7-12-14
TEL.03-6264-0881

・「金融経済新聞」(週刊)の発行
・小冊子の発行

 
2
3
6
4
2
2